スポンサードリンク

無料ブログはココログ

金融・クレジットブログランキング

  • 金融・クレジットブログランキング
    にほんブログ村 にほんブログ村へ

    人気ブログランキングへ
    人気ブログランキングへ

« 消費者金融に始めて電話をした日のこと | トップページ | キャッシングをする時には利息の計算を忘れずに »

2011年12月12日 (月)

1度キャッシングすると癖になるの借入時は慎重に

大学生の時に、金融機関やクレジットカード、消費者金融から融資を受けてしまった私の心理は、簡単にお金を借りることができる実感を得て、こんなにも楽に、10万円が手に入ったという錯覚に陥りました。

手に入れたといっても、自分のお金になったのではなく、お金を借りている「借金」をしているだけなの・・・

1度借りてしまうと、なくなった時にまた借りてしまえと思った記憶があります。当時10万円を借入していた自分の月の返済5000円なので、まだ何の危機感ももっておりませんでした。(返済の辛ささへ感じてませんでした。)

ですので、増額を申込できることを知っていたので、レイクに増額を申し込んでみました。しかし、学生ということで収入がないので、断られました。

さあ、大変。と当時思った記憶があります。キャッシングをすることは仕方なかったかもしれませんが、もっとアルバイトして自分のお金を稼ごうと考えれば良かったと今も反省してます。こういう性格や考えのお持ちの方は、キャッシングをしないべきです。仕事やアルバイトをして、返済の目処を立てたから借入すべきでしょう。そうしないと、私みたいに、借金地獄となり、相乗効果で生まれる不利益を蒙ることにもなり、人生を棒に振ってしまうことにもなりかねません。

レイクは、王手消費者金融でしたので、安心はしておりました。これが、金額が増えれば増えるほど、借入件数が多ければ多いほどそうなると思いますが、10万円の完済は、ものを買って組んだローンよりもはるかに長い期間に渡ることや、通算の利息は、高いことになることはあまり理解しておりませんでした。

ちなみに、レイクが当時何%の利率で融資してもらっていたかは忘れてしまいましたが、25%で計算すると10万円で毎月5000円の返済だと、約26回になります。約30000円の利息となりますので、ショッピングによるローンでは、元金の15%とかの計算が当時主流でしたので、約2倍と言う計算になります。

最初は、年利率の意味もよく理解しないままで融資されることを積み重ねていくハメになりました。次に借入を行ったのは、隣町まで探すことになったのです。

« 消費者金融に始めて電話をした日のこと | トップページ | キャッシングをする時には利息の計算を忘れずに »

借入の実話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1415843/43346490

この記事へのトラックバック一覧です: 1度キャッシングすると癖になるの借入時は慎重に:

« 消費者金融に始めて電話をした日のこと | トップページ | キャッシングをする時には利息の計算を忘れずに »