スポンサードリンク

無料ブログはココログ

金融・クレジットブログランキング

  • 金融・クレジットブログランキング
    にほんブログ村 にほんブログ村へ

    人気ブログランキングへ
    人気ブログランキングへ

« P/Lの法人税等調整額の△は、繰延税金資産が借方残の時つければよい | トップページ | 火災などで取り崩した時にかかる費用は保険差益と相殺する »

2011年2月13日 (日)

本支店会計の期末商品の評価について

また忘れてしまったので、本支店会計の棚卸減耗損と商品評価損がある場合の処理手順ですが、内部利益を控除した後の商品棚卸高に基づいて計算する。なので本店からの仕入部分をくり抜き、内部利益を控除した状態で、棚卸減耗損及び商品評価損を計算する。

今週のランキング
FXかつらサウナスーツみつ姫黒糖そら豆
婚活クーポン券メンズエステ携帯ストラップダウンジャケット
防音バレンタインデイiPhone過払いFX初心者花粉症

« P/Lの法人税等調整額の△は、繰延税金資産が借方残の時つければよい | トップページ | 火災などで取り崩した時にかかる費用は保険差益と相殺する »

損益計算書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1415843/38849299

この記事へのトラックバック一覧です: 本支店会計の期末商品の評価について:

« P/Lの法人税等調整額の△は、繰延税金資産が借方残の時つければよい | トップページ | 火災などで取り崩した時にかかる費用は保険差益と相殺する »